ccna合格率

CCNAとは。

CCNAってなに?CCNA(Cisco Certified Network Associate)とは、なんなのか。そこからご説明しましょう。CCNAとは、シスコシステムズ(Cisco)というネットワーク機器のトップベンダーが認定する資格のことです。コンピュータ・ネットワークの基礎知識や、Cisco製のルータ、スイッチなどのネットワーク機器の設定・メンテナンスの技術を問う試験です。Ciscoが主催しているベンダー資格のことをCisco技術者認定といいます。CCNAはCisco技術者認定の中の初級レベルに位置づけられています。ちなみに、CCNAの上位資格として、CCNPや最上位のCCIEといった認定資格があります。CCNA認定を取得する利点は、自分の能力・スキルを証明したりアピールしたりできることですね。CCNAの取得者は、ネットワークの基礎知識とCisco社製のネットワーク機器の基本操作がわかっているとみなされるので、報奨金などを出す企業も多いんですよ。

CCNAの合格率

では、このCCNAという資格の合格率はどのくらいなのか。・・・非公開なんです、合格率が。Cisco は合格率は公開していません。でも、試験を受けると、自分の取得した点数や、分野別の取得 % がわかります。ですから、もし不合格でもどこを中心に勉強すればいいのかがわかりますね。問題集なども販売されていますし。問題集・試験についてなどの情報がのっているサイトがありますから、参考にしてください。派遣・請負などの業務形態が盛んなIT業界では、仕事を得るために、このCCNA取得がいいアピールとなります。ネットワークに関する知識の習得とCisco社製のネットワーク機器の基本操作が出来ることを証明できるんですからね。CCNAの試験はパソコンで行います。問題のほとんどが選択問題ですが、その中でシミュレーション問題というのがあります。実技問題に近い内容になっています。このシミュレーション問題は、最近のCCNAでは1問だけの出題のようです。ただ、他の選択問題に比べ、配点が高いようです。CCNAの合格率は、年々上がってきているようです。以前は参考書を数回繰り返し読めば、合格ラインを超えると言われていましたが、最近は、このシミュレーション問題により、難易度が上がっているようです。CCNAはITネットワークの進化に伴い、試験の内容・範囲が新しくなり、難易度があがるなんてこともあります。CCNAの試験は誰でも受験することができますから、IT業界で活躍したいと考えている方は、ぜひチャレンジしてみてはどうでしょうか。